不動産投資のリスクと対策

空き室のリスクについて

不動産経営はリスクをいかに抑えるか?がポイントです。今回は、「空室リスクを抑えるポイント」です。

空室を抑えのに、ポイントは3つあります。それぞれについて見ていきましょう。

 

エリアを絞り込む

空き室を減らすための1つ目の対策は、「将来にわたって賃貸需要が安定しているエリア」に物件を購入することです。「空室期間」はそのエリアの賃貸の需給バランスで決まります。

最近の転入者数を見てみると、ダントツで東京に人が集まっている事が分かります。

 

 

当然のことながら人気なエリア、通勤や買い物に便利が良い、駅から近い物件は、多くの人からの需要があります。

将来に渡って賃貸需要が安定しているエリアを厳選し、物件を購入することで空室リスクをかなり抑えることができます。

 

ライズグループでは、駅から徒歩7分以内の物件を推奨しています。駅から7分以内であれば、将来にわたり、資産価値が維持できると考えられるからです。

東京は日本で最も賃貸需要が高いエリアのため、将来に渡って賃貸需要が見込めます。

 


・エリア選びは需給バランスを見る

・徒歩7分以内

・立地がリッチにしてくれる!

 

 

間取り選びが大事

2つ目は「間取りの厳選」です。都心部で最も賃貸需要が高い間取りは「ワンルーム」です。都心部の世帯の内訳を見ると、過半数が「単身者」で構成されています。

さらに、都心部は年々人口が増加しています。その中でもほとんどが単身者ということになります。

 

 

単身者をターゲットにしたワンルームマンションの場合、入居するかどうかの意思決定も1人なので入居が決まりやすく、需要も圧倒的に高いため、近年では退去前に次の入居者と契約が済んでしまっている「先行契約」、立地が良いところは「賃料の上昇」が一般的になってきました。

人口が増え続けても、土地が増えることはありません。この需要と供給のバランスは、今後、益々有利に働くことが予想されます。

 

 

賃貸需要以外にもワンルームの方が良いといえる理由があります。

それはファミリータイプよりもワンルームタイプの方がランニングコストが小さい点、そして工事期間も短いため、結果的に退去後の空室期間が短くなるという点です。

 

例えば、20㎡のワンルームと60㎡のファミリータイプ、退去後に部屋の壁紙クロスを全面張替えした場合、その差は顕著に現れます。ファミリータイプの場合、ワンルームに比べて広さが3倍の分、クロスの交換コストも3倍かかります。施工期間も単純に3倍かかります。

ワンルームは工事期間も工事コストも最小限に抑えられるということです。

どちらが長期運用に適しているか考えるとその差は明らかです。

 

入居者募集に強い不動産会社を選ぶ

空室リスクを抑える方法 3つ目は「入居者募集に強い不動産会社」を選ぶという点です。

物件の質に+αで「賃貸募集にこだわりのある会社」を選択するこることで、空室期間を大幅に短くすることができます。

 

当社では1日分でも多くの賃料をオーナー様にお届けするために様々な取り組みを実施し、結果として「売主物件の平均空室日数15日」「年間平均入居率99.41%」(業界最高水準)を実現しております。

 


・入居者募集に強い不動産会社に頼む

・平均空き室日数が大事

・年間の平均入居率が高い会社に頼もう

 

 

不動産投資について知ろう

家賃滞納のリスクについて

不動産投資にはリスクがあります。その中の一つに「家賃滞納のリスク」があります。家賃の滞納リスクを回避するには、「事前の対策」と「事後の対策」の2種類があります。

 

 

年金が足りない時代

年金が足りない時代

年金が足りない時代、セカンドライフを充実させるには

ある事をするのがとても重要になります

 

生命保険のかわりになる

生命保険のかわりになる

不動産を買うとなぜ保険になるの?

と思われる方は、ぜひこちらの記事を見てください

インフレになると有利な不動産投資

インフレになると有利な不動産投資

インフレが起こると、何が起こるのか?

物価の上昇が続くとモノの値段と不動産の価値が上がります

地震や火災のリスク

てがたい資産運用ってあるの?

もし、あなたが1000万あるとしましょう。

このお金を手堅く増やすには、あなたならどうしますか?

家賃下落のリスクとは

家賃下落のリスクとは

家賃の価格は需要と供給で決まります。

家賃の下落や空室を最小限に抑えるためには…

物件価格下落のリスクとは

相続の対策に不動産が使える?

不動産は投資だけでなく、相続の対策にも利用できます

60%以上も安くできる

空室リスクとは

空室リスクとは?

不動産経営はリスクをいかに抑えるか?がポイントです

空室を抑えるには、実はポイントが3つあります

家賃滞納のリスクがある

家賃滞納のリスクがある

家賃の滞納リスクを回避するには、「事前の対策」と

「事後の対策」の2種類があります。

建物の老朽化リスク

建物の老朽化リスク

不動産投資を成功させるには、物件選びがとても大切です

資産価値が落ちない建物を選ぶポイントとは?

地震や火災のリスク

地震や火災のリスク

マンション投資を安全におこなうには

自然のリスクをいかに回避するか?も考えておきましょう。

家賃下落のリスクとは

家賃下落のリスクとは

家賃の価格は需要と供給で決まります。

家賃の下落や空室を最小限に抑えるためには…

物件価格下落のリスクとは

物件価格下落のリスクとは

立地がリッチにしてくれる。ダジャレのような本当の話

不動産投資は、立地が9割くらい重要です

金利上昇のリスクとは

金利上昇のリスクとは

借入れ出来る事は大きなメリットですが

そのメリットがダイレクトにアダになることも

 

不動産投資をお考えなら、ライズグループに今すぐ相談くださいませ。

 

お問い合わせ

 

 

会社概要について

会社名

株式会社 ライズグループ

住所

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目15番7号 鈴木ビル6階

TEL

03-5292-4321

FAX

03-5292-4345

福岡支店

福岡県福岡市中央区港2丁目10番14号 1階

TEL

092-718-0707

FAX

092-718-0708

代表者

 

 

 

お問い合わせ

 

 

【マンション経営・管理・バイクガレージ】

ライズグループでは、都内と福岡を中心にマンション経営のサポート、賃貸管理、バイクガレージ経営のサポートをしています。セミナー、オンラインセミナーも開催しております。ぜひ、ご相談くださいませ。

 

【お任せくださいませ】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

甲信越  [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

サービス

セミナー

オーナー様の声

よくある質問

スタッフ紹介

会社概要

お問い合わせ

【サービス】

マンション販売

マンション管理

リノベーション

バイクガレージ

店舗の空室対策

 

【マンション経営入門】

マンション経営入門

5つのメリットとは

マンション投資のデメリット

達仁.com

バイクガレージ

オンラインセミナー

オンライン相談会

 

株式会社ライズグループ

住所:〒169-0051

東京都新宿区西早稲田2丁目15番7号鈴木ビル6階

電話:03-5292-4321