相続対策になる

不動産投資は相続対策になる?

不動産は相続対策になります。

家族に資産を残してあげたい。家族が争うことなく、ずっと仲良くしたい。

自分が元気なうちに対策をしたいなど、マンション経営は、相続税、贈与税対策としても、とても有効です。

 

 

税制が変わったことで、これまで、相続税を払わなくてもよかった方が、相続について真剣に考えなければいけない時代になりました。

東京に住んでいる人の場合、100人に20人前後が相続税の申告が必要だと言われています。

 

 

一般的に、財産を現金で所有していた場合、額面100%に対して相続税が課税されていますが

不動産の場合は「不動産評価額」に対して課税され

 

中古のワンルームの場合は、不動産時価の30%~40%の課税評価になります。

現金が100%の課税対象になるのに対して

不動産を購入すれば、同じ価値でも60~70%も課税対象を圧縮できます

さらに、区分所有なのでわけやすいため、遺産分割でもめる事が少ないです。残された遺族は、家賃収入を得る事ができ、現金が必要であれば、不動産を売却して現金を得る事もできます。

 

 

不動産投資の仕組みとは?

レバレッジがきく

不動産投資とは「他人資本」を活用し、少額の自己資金で大きな資産を築くことができる投資法です

さらに、ローンを活用することによって、さまざまメリットが得られます。

 

年金の不足が当たり前の時代

「年金の不足が当たり前」の時代。「自分年金」を確保するために、多くの方が不動産投資を実践されています。給料や年金とは別に、家賃収入が毎月入ってくることで人生の選択肢を大幅に広げることが可能となります。

 

 

不動産のメリットとは?

他人の資本を活かせる

銀行にお金を預けるのは、自分のお金のみです。マンションのローンを返済するのは、他人が払ってくれるお金です。

自己資産を他人資本で構築していけるのが、ローンを使った不動産投資です。

物件を複数組み合わせることにより、より効率の良い資産形成ができるのも魅力です。

 

専門的な知識はいらない

不動産投資の運用パフォーマンスは物件の質と賃貸管理会社の質で9割が決まります。

購入前に物件を厳選する必要はありますが、他の投資と比べ、複雑な投資方法を学ん だり、日々の経済の動きをチェックする必要性はありません。

株価は常に変動します が、好立地のマンションの場合、入居中の賃料が急に変動することはありません。 安定的に着実に資産形成が可能です。

 

本業に支障をきたさずに資産形成できる

物件購入後、部屋の管理は全て管理会社に委託することができます。

入居者募集から、賃貸借契約、入居者とのやりとりや、退去の立ち合い、家賃の滞納保 証、クリーニングから内装工事の施工など、全て管理会社が代行しておこないます。

お仕事で日々忙しくされている方でも、安心して運用することができます。

 

まとまった資金がいらない

不動産投資の場合、他の金融商品と比べて少ない資金からでも十分に運用することが できます。

頭金0円のフルローン、初期費用 60万円前後から運用が可能です。

 

リスクを事前にコントロールできる

どんな投資にも、リスクはあります。そのなかで、不動産投資のリスクはあらかじめ対策がとれるものばかりです。

リスクを対策できる条件で物件を購入することが不動産投資を成 功させるコツと言えます。

 

 

世の中には様々な金融商品、投資商品が存在しています。

代表的なもので「預金」「国債」「不動産」「投資信託」「株式」「FX」などがありますが、 そもそもこんなにも沢山の商品がある中で、なぜ「不動産投資」である必要があるのか? この本質を理解すると「不動産投資の価値」が本当の意味で理解できます。

 

上記にあげた投資商品にはそれぞれ特徴があり、全ての商品にリスクとリターンが存在しています。この「リスクとリターン」が、自分に合った投資を選ぶ上でとても重要な観点となってきます。

 

預金も金融商品

例えば「預金」ですが、「預金」も実は金融商品です。普段、意識する方は少ないかもしれませんが、預金にもリスクが存在します。

インフレによる貨幣価値の下落リスク、金融機関の破綻リスク、ATMの手数料で元本割れするリスク、などがあります。とはいっても金融機関が破綻する可能性はかなり低く、ATMの手数料も損はしますが理解した上で払っている方がほとんどです。

「預金」のリターンは普通預金の場合「年利0.001%」です。

100万円の預金であれば年間10円の利益です。これはあまりにも少ないですよね。なので「預金」はローリスク・ローリターンの金融商品といわれています。

株式投資はハイリスクハイリターン

「株式投資」は、逆にハイリスク・ハイリターンの投資です。

大きなリターンが得られる可能性がある反面、資金を失うリスクもその分高いです。特に初心者の場合、利益をだし続けることは難しく、資金だけではなく、多くの時間と費用を投資して勉強する必要があります。

 

「株式投資」は強者と弱者の理論で市場が成り立っており、個人投資家の実に9割が損をしているといわれています。1割の強者が、残りの9割の弱者の投資資金を養分にして、利益をあげているのが現実というわけです。

 

「株式投資」の場合、本業との両立が難しい点も特徴として挙げられます。株式投資には長期投資、スイングトレード、デイトレードなど手法も様々ありますが、短期的にリターンを得ようとすればするほど本業とのバランスがとれなくなってしまいます。

株式投資やFXで大きな資産を築くつもりであれば、相当な覚悟と、修行期間、まとまった資金が必要不可欠となってきます。

 

リスクとリターンは常にセット

何に投資するのであれ、大きなリターンを得ようとすれば、その分リスクも一緒についてくることになり、リスクが小さければリターンも小さくなるのです。「リスクとリターンはトレードオフする」という投資の基本的な原則をまずは理解することが大切です。

ただ、「リスクが高いから悪い」というわけではありません。株式投資を本業とし、毎年大きな利益をあげている方も実際にいらっしゃいます。

「リスク=損」というわけではなく、うまくいっている方はリスクがあるのを受け入れつつ、リスクの抑え方、利益の出し方を知っているということです。ただ、株式投資の場合はそこまでの領域にいくには相当の経験と勉強が必要となります。

 

 

コア・サテライト戦略とは

そこで、手堅く資産形成していくための戦略として「コア・サテライト戦略」というものがあります。「コアは守りの運用」「サテライトは攻めの運用」です。

 

投資におけるコアとサテライトの区分は、画像に記載の通りです。

投資経験、将来の目標、リスク許容度、考え方に応じて、自分の運用の比率を考える必要があります。

 

 

 

投資初心者の方ほど、比較的リスクの低い「守りの資産」をまずは固めていく必要があります。経験の浅い初心者が守りの資産を固めずに、リスクをとって攻めてばかりいると、資金を失う可能性は当然高くなります。

まずは手堅く資産形成をおこない、経験や余裕資金、目標に応じて攻めの資産形成にもできる範囲で少しずつ挑戦してみるのです。「コアの運用」をベースに資産形成を考えることがとても重要です。

 

 

「不動産投資」は一般的にミドルリスク・ミドルリターンと言われており「守りの資産運用」に区分されます。しかし、不動産投資にも様々な種類や特徴があり、「不動産投資」だけで全てを一括りにすることはできません。

1棟orワンルーム 新築or中古 アパートorマンション 地方or都心など、特徴も豊富にあります。

しかし、私たちライズグループがここで自信をもってお伝えしたいことは、サラリーマンや会社の経営者にとって、最も安全で、且つ、優秀な不動産投資法は「中古・ワンルーム」という事実です。当社セミナーにご参加いただけると、その理由がはっきりと理解できるはずです。

 

不動産投資の魅力とは

当社セミナーでは「中古・ワンルーム」の具体的な投資法をお伝えしていきます。しかし、ただの「中古ワンルーム」ではありません。他の不動産会社よりもかなり具体的でシビアな内容になります。

不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンとお伝えしましたが「正しい選択」をすることで、リスクを徹底的に抑えながらリターンの期待値を最大限に高めることができます

 

不動産投資は、株式投資と違い「不確定要素」が少ないのが特徴です。株式投資は企業の業績や投資家の心理、世界経済が絡み合って売りと買いが決まるため、常に相場が変動します。

不動産投資は不確定要素が少なく、統計や、これまでの推移データ、事実からわかる今後の予測、過去の事例など、「確定要素」でパフォーマンスが決まるため、「入り口」さえ間違えなければ経験値や知識が豊富でなくても、十分な資産形成が可能となります。

 

逆にいうと不動産投資の成功は、スタートの時点で9割が決定するといっても過言ではありません。当社が推奨している不動産投資法は、スタート時点で40年後の出口戦略も考えている現実的、且つ、力強い投資法となります。

将来の資産価値に焦点をあて、リスクを徹底的に抑えながらリターンを追求するものです。

 

<<戻る

 

不動産投資について知ろう

マンション経営入門

人生100年時代、個人年金をどうやって作ったらいいのか?まずは基本をしっかり学んでいきましょう。

 

 

年金が足りない時代

年金が足りない時代

年金が足りない時代、セカンドライフを充実させるには

ある事をするのがとても重要になります

 

生命保険のかわりになる

生命保険のかわりになる

不動産を買うとなぜ保険になるの?

と思われる方は、ぜひこちらの記事を見てください

インフレになると有利な不動産投資

インフレになると有利な不動産投資

インフレが起こると、何が起こるのか?

物価の上昇が続くとモノの値段と不動産の価値が上がります

地震や火災のリスク

てがたい資産運用ってあるの?

もし、あなたが1000万あるとしましょう。

このお金を手堅く増やすには、あなたならどうしますか?

家賃下落のリスクとは

家賃下落のリスクとは

家賃の価格は需要と供給で決まります。

家賃の下落や空室を最小限に抑えるためには…

物件価格下落のリスクとは

相続の対策に不動産が使える?

不動産は投資だけでなく、相続の対策にも利用できます

60%以上も安くできる

空室リスクとは

空室リスクとは?

不動産経営はリスクをいかに抑えるか?がポイントです

空室を抑えるには、実はポイントが3つあります

家賃滞納のリスクがある

家賃滞納のリスクがある

家賃の滞納リスクを回避するには、「事前の対策」と

「事後の対策」の2種類があります。

建物の老朽化リスク

建物の老朽化リスク

不動産投資を成功させるには、物件選びがとても大切です

資産価値が落ちない建物を選ぶポイントとは?

地震や火災のリスク

地震や火災のリスク

マンション投資を安全におこなうには

自然のリスクをいかに回避するか?も考えておきましょう。

家賃下落のリスクとは

家賃下落のリスクとは

家賃の価格は需要と供給で決まります。

家賃の下落や空室を最小限に抑えるためには…

物件価格下落のリスクとは

物件価格下落のリスクとは

立地がリッチにしてくれる。ダジャレのような本当の話

不動産投資は、立地が9割くらい重要です

金利上昇のリスクとは

金利上昇のリスクとは

借入れ出来る事は大きなメリットですが

そのメリットがダイレクトにアダになることも

 

不動産投資をお考えなら、ライズグループに今すぐ相談くださいませ。

 

お問い合わせ

 

 

【マンション経営・管理・バイクガレージ】

ライズグループでは、都内と福岡を中心にマンション経営のサポート、賃貸管理、バイクガレージ経営のサポートをしています。セミナー、オンラインセミナーも開催しております。ぜひ、ご相談くださいませ。

 

【お任せくださいませ】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

甲信越  [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

サービス

セミナー

オーナー様の声

よくある質問

スタッフ紹介

会社概要

お問い合わせ

【サービス】

マンション販売

マンション管理

リノベーション

バイクガレージ

店舗の空室対策

 

【マンション経営入門】

マンション経営入門

5つのメリットとは

マンション投資のデメリット

達仁.com

バイクガレージ

オンラインセミナー

オンライン相談会

 

株式会社ライズグループ

住所:〒169-0051

東京都新宿区西早稲田2丁目15番7号鈴木ビル6階

電話:03-5292-4321